ホーム > リチウムイオンバッテリー > SP-60Softcase
26.6V / 6.0Ah / 159.6Wh

製品仕様

外形寸法約96W × 約207H × 約55D(mm)
※チューブ加工のためサイズに誤差がでる場合がございます。
重量約 1.6kg
保護機能
  • 過充電保護
  • 過放電保護
  • 放電過電流保護
  • 充電過電流保護
  • 放電口短絡保護
  • 温度保護
  • 充電電圧保護
  • セルバランス機能
放電電流 定格 6.0A
最大 12.0A
定格電流約 6A
コネクタNR-203-ADF
放電終止後電圧23.5V
ピンアサイン ①:+ ②:-
使用温度範囲 放電時 -10~50℃/充電時 0~35℃
周囲湿度 常時 5%~80%RH 結露なきこと
充電・放電特性 限界値での充放電は電池特性を著しく劣化させる可能性がございます。
消費電流
満充電時 保護基盤 約60μA以下
+残量基盤 約6μA
標準価格
オープン価格
  • バッテリーの充電は、専用充電器 SP-1SSP-2SKL242R5BSP-4Sで必ず充電してください。
    充電完了後は、充電器より取り外して保管してください。
  • 使用後は必ず充電してください。
  • 過放電は避けてください(21V以下)
    過放電になりますと、充電ができなくなる場合がございます。
  • 長期間使用しない場合は、満充電後3ヶ月に一度充電してください。
SP-60Softcase

動作時間

24V 150W約59分
コボルト DW200ボリューム最大:約50分
ボリューム最小:約60分
環境により動作時間は異なります。新品時の放電時間です。目安にしてください。

MSDSダウンロード

SP-60のMSDSをPDFにてダウンロードできます。

MSDS 日本語版ダウンロード MSDS English Download MSDS Chinese Download

バッテリー残量表示機能

電池が使用可能状態では、LEDが緑色点灯
電池電圧が約25.2V以下になると、LEDが赤点滅。
電池電圧が約24.5V以下になると、LEDが赤点灯。


容量劣化について
電極(負極)自体の劣化が原因であり、負極と電解液の反応によって負極材料として使用されている炭素の分子構造が徐々に変化し、炭素内に収められているリチウムイオンの量が減ることで容量劣化が発生します。
使用後又は長期間放置しますと、自己放電及び暗電流により電極よりガスが発生し、セルが膨張します。
セルバランス機能動作中、セルの劣化により、単セル毎の電圧差が大きい場合、バランス調整中に過充電保護(4.25V)に到達し、満充電できない場合がございます。
バッテリーの仕組み リチウムイオンバッテリーSP-60編
159.6 0.85
対応充電器
SPシリーズ充電器(入力電圧範囲 AC100V~240V)
入力電圧範囲(AC90V~110V)
SP-1S SP-2S SP-4S KL242R5B
上に戻る
上に戻る